コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリスト単性説 キリストたんせいせつmonophysitism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト単性説
キリストたんせいせつ
monophysitism

イエスにおいて神性と人性が結合したのち,人性は神性に吸収されてしまい,1つの本性しか残らないとするキリスト教の異端説。反ネストリウスの立場からコンスタンチノープルの大修道院長エウチュケス (→エウテュケス派 ) が唱えたが,448年のコンスタンチノープル公会議で誤りとされた。エウチュケスを支持したアレクサンドリア総大司教ディオスコロスは 451年のカルケドン公会議で破門され,キリストには神人両性がそなわるとする「キリスト両性説」が確立された。単性説とされるものには,イエスの肉体は腐敗しえないとする不朽体説,十字架上で父なる神が受難したとする聖父受難説などがある。単性説はのちにキリスト単意説を生んだ。コプト,シリア,アルメニアの各教会もまた単性論派とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android