コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリスト単意説 キリストたんいせつ monothelitism

1件 の用語解説(キリスト単意説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト単意説
キリストたんいせつ
monothelitism

キリストはただ1つの意志しかもたないとする7世紀の異端説。カルケドン公会議 (451) で排斥されたキリスト単性説は特にシリアエジプトに根強く残っていたため,これと和解しようとしたビザンチン皇帝ヘラクリウス1世は,キリストには神人2性があるが,その意志 thelēmaと働き energeiaは1つであるとする (このため単勢説 monergismともいう) コンスタンチノープル総大司教セルギオスの説を支持し,638年信仰宣言 Ekthesisを出し,教皇ホノリウス1世も承認した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キリスト単意説の関連キーワードイエス・キリストキリスト教会転んでもただは起きない互いに素天意ハリストス身が持たないキリスト教徒トリスタナイトリスト・バイヤー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone