キリスト単意説(読み)キリストたんいせつ(英語表記)monothelitism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト単意説
キリストたんいせつ
monothelitism

キリストはただ1つの意志しかもたないとする7世紀の異端説。カルケドン公会議 (451) で排斥されたキリスト単性説は特にシリアやエジプトに根強く残っていたため,これと和解しようとしたビザンチン皇帝ヘラクリウス1世は,キリストには神人2性があるが,その意志 thelēmaと働き energeiaは1つであるとする (このため単勢説 monergismともいう) コンスタンチノープル総大司教セルギオスの説を支持し,638年信仰宣言 Ekthesisを出し,教皇ホノリウス1世も承認した。やがて議論は沸騰したが,教皇アガトは神人両性にしたがってキリストは2つの意志と働きをもつことを主張,単意説は,679年のローマ教会会議,翌年の第3回コンスタンチノープル公会議で異端として排斥された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android