キリスト教社会同盟(読み)キリストキョウシャカイドウメイ

  • キリストきょうしゃかいどうめい〔ケウシヤクワイドウメイ〕

世界大百科事典内のキリスト教社会同盟の言及

【バイエルン】より

…第三帝国の崩壊後東ヨーロッパから流入した多数のドイツ人難民は,南欧,南東欧からの出稼ぎ労働者とともに,戦後におけるバイエルンの著しい工業発展の重要な起動力となった。〈自由国バイエルン〉では,キリスト教社会同盟(キリスト教民主・社会同盟)がバイエルンにおける分邦主義的な宗教政党の長い伝統を受け継ぎつつ,ほぼ一貫して政権の座を占めている。
【文化】
 バイエルンは,ヨーロッパの建築の歴史のあとを豊かにとどめている。…

※「キリスト教社会同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キリスト教社会同盟の関連情報