コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンシンサイ きんしんさい

1件 の用語解説(キンシンサイの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

きんしんさい【キンシンサイ】

《栄養と働き&調理のポイント
 キンシンサイカンゾウの仲間の花のつぼみを乾燥させたもので、アジア東部が原産地のユリ科の多年草です。
 キンシンサイとして利用されるのは「ヤブカンゾウ」あるいは「ノカンゾウ」で、このつぼみが黄色くて細く尖(とが)っていることから、その名がつきました。
 食用とされているのは、6~8月ころのつぼみです。
 中国では古くから揚子江(ようすこう)流域で栽培されており、中華料理の食材として定着しています。
 また、その昔、航海の際に船の乗組員らがビタミン欠乏症にならないよう、かならず中国茶とキンシンサイを船に積んでいたともいわれています。
〈貧血予防、精神安定に有効〉
○栄養成分としての働き
 それほど重宝されているキンシンサイには、ビタミンB1、B2、Cやカロテン、鉄分をはじめとするミネラルが豊富に含まれているので、免疫力を高める効果があります。
 とくに鉄分が多いとされ、すぐれた止血・増血作用があり、貧血予防にも役立ち、精神を安定させる働きもあります。
 調理の際は、軽く水洗いしてぬるま湯でもどし、スープの具や炒(いた)めものに使います。もどし汁も捨てずに使いましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

キンシンサイの関連キーワードブレークポイントポイント活字ポイントガードポイント・カラーポイント制ポイントランキングボーナスポイントポイント方式チャンピオンシップポイントヒッティングポイント

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone