鉄分(読み)てつぶん

精選版 日本国語大辞典 「鉄分」の意味・読み・例文・類語

てつ‐ぶん【鉄分】

〘名〙 他のものに含まれている成分としての鉄。かなけ。
※舶用機械学独案内(1881)〈馬場新八・吉田貞一〉前「石炭中に含める硫黄或は鉄分(テツブン)湿気媒介を得るや空気中の酸素と和合するに当り劇熱を生じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「鉄分」の意味・読み・例文・類語

てつ‐ぶん【鉄分】

物に含まれる成分としての鉄。かなけ。「鉄分の豊富な食品
[類語]くろがね鉄材鋼鉄鉄鋼こうはがねスチールステンレス鋳鉄銑鉄屑鉄砂鉄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android