鉄分(読み)てつぶん

精選版 日本国語大辞典の解説

てつ‐ぶん【鉄分】

〘名〙 他のものに含まれている成分としての鉄。かなけ。
※舶用機械学独案内(1881)〈馬場新八・吉田貞一〉前「石炭中に含める硫黄或は鉄分(テツブン)湿気の媒介を得るや空気中の酸素と和合するに当り劇熱を生じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android