コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンメルスチール=ウィルソン症候群 キンメルスチール=ウィルソンしょうこうぐんKimmelstiel-Wilson syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンメルスチール=ウィルソン症候群
キンメルスチール=ウィルソンしょうこうぐん
Kimmelstiel-Wilson syndrome

糖尿病性の腎糸球体硬化症。ドイツ人病理学者 P.キンメルスチールと,イギリスの医師 C.ウィルソンが 1936年に記載した,糖尿病患者の腎臓糸球体に現れることの多い,特有の硬化性病変。糖尿病の晩発性合併症の一つで,ネフローゼ症候群高血圧,腎機能低下などの症状を呈する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android