キンメルスチール=ウィルソン症候群(読み)キンメルスチール=ウィルソンしょうこうぐん(英語表記)Kimmelstiel-Wilson syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンメルスチール=ウィルソン症候群
キンメルスチール=ウィルソンしょうこうぐん
Kimmelstiel-Wilson syndrome

糖尿病性の腎糸球体硬化症。ドイツ人病理学者 P.キンメルスチールと,イギリスの医師 C.ウィルソンが 1936年に記載した,糖尿病患者の腎臓糸球体に現れることの多い,特有の硬化性病変。糖尿病の晩発性合併症の一つで,ネフローゼ症候群高血圧,腎機能低下などの症状を呈する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android