コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギャチュン・カン[山] Gyachung Kang

1件 の用語解説(ギャチュン・カン[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギャチュン・カン[山]【Gyachung Kang】

クーンブ・ヒマールKhumbu Himal山群に属し,エベレストの北西,チョー・オユーの東,ネパールチベット境にある。標高7922m。ゴジュンバ氷河の源頭にある馬蹄形をした山。1952年から偵察されているが,64年,長野県山岳連盟隊(古原和美隊長)が初登頂に成功した。この山の西隣にゴジュンバ・カンNgojumba Kangがあり,I峰7806m,II峰7646m,III峰7601mと続くが,65年明治大学隊がII峰に初登頂した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ギャチュン・カン[山]の関連キーワード会ったとたんに一目ぼれ補語DanielKutner憐れみはあとにわたしは別よアンナこの恋に生きてナナ・ヘイ・ヘイ私はイエスがわからない彼を帰して

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone