ギヤン遺跡(読み)ギヤンいせき(英語表記)Tepe Giyan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギヤン遺跡
ギヤンいせき
Tepe Giyan

イラン西部,ルリスターン地方の先史遺跡。 1931年よりフランスの G.コントノー,R.ギルシュマンらによって発掘,調査が行われ,第1層から第5層までの文化段階が確認された。特に第3層から第5層はメソポタミアにおけるハッスーナ時代から初期王朝にいたる時期と対比され,カーシャーン地方のテペ・シアルク,ダームガーン地方のテペ・ヒッサルとともに,イラン高原における先史時代文化を初めて明らかにしたことで有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android