コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョク神学校 ギョクシンガッコウ

デジタル大辞泉の解説

ギョク‐しんがっこう〔‐シンガクカウ〕【ギョク神学校】

Gök Medrese》トルコ中東部の都市シバスの市街中心部にある、かつての神学校。13世紀末、ルームセルジューク朝の宰相サーヒップ=アタにより創設された。「ギョク」とは青空を意味し、青色のタイルで装飾された高さ25メートルの2本の尖塔をもつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例