コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョク神学校 ギョクシンガッコウ

1件 の用語解説(ギョク神学校の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ギョク‐しんがっこう〔‐シンガクカウ〕【ギョク神学校】

Gök Medrese》トルコ中東部の都市シバスの市街中心部にある、かつての神学校。13世紀末、ルームセルジューク朝の宰相サーヒップ=アタにより創設された。「ギョク」とは青空を意味し、青色のタイルで装飾された高さ25メートルの2本の尖塔をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギョク神学校の関連キーワード加茂湖小沼タンピコプエブラ伊那佐の山ヨーロッパトルコ宇陀山地蓼科湖トゥーラ遺跡

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone