青空(読み)アオゾラ

デジタル大辞泉の解説

あお‐ぞら〔あを‐〕【青空】

晴れ上がって、青々と見える空。蒼天(そうてん)。碧空(へきくう)。「抜けるような青空
他の語に付いて、屋外、露天、の意を表す。「青空市場」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおぞら【青空】

雲のない青い空。よく晴れ渡った青い空。碧空へきくう
他の語に付いて、野外・野天のてんの意を表す。 「 -市場」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青空
あおぞら

同人雑誌。1925年(大正14)1月~1927年(昭和2)6月、全28冊を数える。創刊時の同人は、梶井(かじい)基次郎、外村(とのむら)茂(のち繁)、中谷孝雄、忽那(くつな)吉之助、小林馨(かおる)、稲森宗太郎。早稲田(わせだ)大学に進んだ歌人稲森は1号のみで去る。他は旧制第三高等学校より東京帝国大学に進んだ人々で、創刊号巻頭の小説が梶井の『檸檬(れもん)』である。のち淀野隆三(よどのりゅうぞう)、飯島正、三好達治、北川冬彦らも参加した。梶井の『城のある町にて』『Kの昇天』『冬の日』などの短編や、三好の代表的な『乳母車』『甃(いし)の上』などの詩もここに掲載された。中野重治(しげはる)、堀辰雄(たつお)らの『驢馬(ろば)』、尾崎一雄(かずお)らの『主潮』などとともに昭和文学の源流を形成する役割を果たす。[紅野敏郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐ぞら あを‥【青空】

〘名〙 (「あおそら」とも) 晴れ渡って、青く見える空。碧空(へきくう)。蒼天(そうてん)
※和漢三才図会(1712)三「霄(アヲソラ)〈略〉天無雲気。而青碧者為霄」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の青空の言及

【空】より

…気象学的には人の目に見える範囲を空とよぶ。
[空の形]
 われわれは空を地平面で区切られた半球だと思っているが,実は押しつぶした丸天井または鏡餅のように,いくらか扁平に知覚しているらしい。人間が地平線から高度45度と思う所を高度計で測ってみると,35度ぐらいしかない。また太陽や月が地平線に近いときには特に大きく見えることから,人は天空を市女笠(いちめがさ)のような形に知覚していると主張する心理学者もある。…

※「青空」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青空の関連情報