コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シバス シバス Sivas

3件 の用語解説(シバスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シバス
シバス
Sivas

トルコ中央部アナトリア高原の都市で,同名県の県都。クズル川の上流,広大な渓谷平野にあり,標高 1275mに位置する。ローマ帝国により3世紀にセバスチアとして小アルメニアの首都となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シバス(Sivas)

トルコ中東部の都市。アナトリア高原の標高1300メートルの高地に位置する。古代ローマ時代はセバステまたはセバスティアとよばれ、交易の拠点として栄えた。セルジュークトルコ時代に築かれたウルモスクギョク神学校チフテの塔などが残る。1919年9月、のちに初代大統領となるケマル=アタチュルクが祖国解放につながる国民会議を開いた場所。スィワス。スィバス。シワス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シバス
しばす
Sivas

トルコの小アジア半島中央東部にある内陸都市。シバス県の県都。アナトリア高原上、標高1300メートルに位置する。人口25万1776(2000)。クズル・ウルマク川の上流河谷にある道路交通の要衝で、小麦などの農産物を集散し、セメント、鉄鋼などの工業も発達する。ローマ、ビザンティン時代にさかのぼる歴史をもち、古くはセバステSebasteなどとよばれた。1919年9月、トルコ革命につながる国民議会ケマル・アタチュルクによって開かれた場所として著名である。シファヒエ神学校チフテの塔など、13世紀のセルジューク時代の史跡に富む。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シバスの関連キーワード柏原アーミドギョク神学校シワスタトバンチフテの塔ディブリーΤεφρικήマザカマラティア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シバスの関連情報