ギリャードカット(英語表記)Gaillard Cut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリャードカット
Gaillard Cut

ゲリャードカットともいう。パナマ運河南東部をなす切通し部分。ガトゥン湖南東端付近のガンボアからペドロミゲル閘門までの部分で,全長約 13km。運河の分水嶺をなしているクレブラ峠を開削して建設された水路で,工事は困難をきわめた。ガンボアでせきとめられたチャグレス川の河水が導かれ,乾季にはガトゥン湖から水が供給される。水深約 14m,底幅約 90mの狭い水路であるため,常時浚渫が必要であり,また通過船舶の大型化に伴い一方交通の頻度がふえている。初めクレブラカットと呼ばれていたが,この部分の工事を設計したアメリカ人技師 D.ギリャードにちなんで 1913年改称。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android