コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサリケイソウ(鎖ケイ藻) クサリケイソウBacillaria paradoxa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサリケイソウ(鎖ケイ藻)
クサリケイソウ
Bacillaria paradoxa

ケイ藻類羽状ケイ藻類ニッチア科の藻。本来海産種であるが,汽水にも多量に発生するとともに,しばしば淡水の湖沼からも発見されている。細胞は細長く,殻面で相互に接着するので筏 (いかだ) のような形の群体となり,またしばしば各細胞が前後に滑り動くため,群体は細胞が長く縦に並んだ形になる。その形状があたかも鎖が伸縮するときに似ているのでこの名の由来となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android