淡水(読み)タンスイ

デジタル大辞泉の解説

たん‐すい【淡水】

塩分をほとんど含まない水。まみず。

たんすい【淡水】[地名]

台湾北部、淡水河河口の地名。貿易港として栄えた。タンショイ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんすい【淡水】

塩分濃度のきわめて低い水。普通の河川水・湖沼水・地下水など。 ⇔ 鹹水かんすい

たんすい【淡水】

台湾北部、淡水江河口にある港湾都市。茶の輸出が盛ん。タンシュイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐すい【淡水】

〘名〙
① 塩分をほとんど含まない水。塩分含有量の少ない水。井戸、池、河川などの水。まみず。⇔鹹水(かんすい)
※菅家文草(900頃)二・過大使房、賦雨後熱「寒沙莫趁家千里、淡水当添酒十分」
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉「寧ろ鹹水と淡水とのやうに、一つに融け合ってゐるものである」
② 友情が淡泊で変わらないことのたとえ。
※扶桑集(995‐999頃)七・橘才子見酬拙詩以本韻答謝〈源英明〉「膠漆交情斟淡水、瓊瑤麗句遏青雲

たんすい【淡水】

台湾北西岸、淡水河の河口東岸にある港湾都市港内が浅いためジャンクによる交易がさかんで、特に一九〇〇年頃までは台湾第一の港として栄えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の淡水の言及

【産業用水】より

…漁業は湖沼や海がなくては成り立たないが,この場合の湖沼や海の水そのものは産業用水とはいわない(ただし,これらの水を引き入れて養殖などに使う場合,これを産業用水と呼ぶべきかどうかは明確にされていない)。 用水を大別すると淡水と海水とになる。日本の淡水資源の賦存量は,年間総降雨量から蒸発量を差し引いた約4500億m3/年と考えることができ,これに対して,現在使われている淡水の用水量は,概略して,年間,上水道140億m3,工業用水490億m3(うち10億m3は上水道より供給),農業用水550億m3,水力発電用水4000億m3程度となっている。…

※「淡水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淡水の関連情報