コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群体 ぐんたいcolony

翻訳|colony

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

群体
ぐんたい
colony

原生生物,刺胞動物サンゴやクラゲ類),曲形動物(スズコケムシ類),外肛動物(苔虫類),脊索動物ホヤ類)などに見られる生活型分裂または出芽によって生じた新個体個虫)が多数結合したもので,個虫の役割と形態が異なっている場合もある。形や大きさは種類によって異なる。群体を構成する個体同士が体壁の穴を通して原形質によって連絡している場合(真の群体)と,体の外方に分泌した殻などの外骨格によって結合している場合(偽群体)とがある。群体の大部分の個体は単独でも生活できる能力をもつ。外形によって,線状,樹状,球状,叢状などに区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

群体【ぐんたい】

分裂や出芽などで生じた新個体が,母体から離れることなく,体の一部,または体から分泌した殻などによって互いに連なっているもの。群体を構成する各個体は個員または個虫と呼ばれる。
→関連項目出芽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんたい【群体 colony】

生物の中には,出芽または分裂などの無性生殖で生じた新しい個体が母個体から分離しないで,互いに体の一部分または殻などの構造によって連結されているものがある。この集合体を群体とよぶ。群体を構成するおのおのの個体を個員または個虫zooidといい,真の意味の群体では,個員が互いに原形質によって連絡して,栄養摂取や刺激に対する反応は全個員に及ぶ。これに対して殻などの死んだ物質により接着するのみで,互いの連絡がない場合は,偽群体pseudcolonyとよぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんたい【群体】

分裂や出芽によって生じた個体がそのまま分離せず形成する個体群。普通は、個体(個虫)間に原形質の連絡が見られる場合をいう。植物ではボルボックス・ケイソウなど、動物では海綿動物・腔腸動物などに見られる。合体ごうたい。コロニー。 → 個体

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

群体
ぐんたい

分裂または出芽によって生じた新たな個体が互いに連結されてできた個体の集合。原生動物、海綿動物、刺胞(しほう)動物、コケムシ類(外肛(がいこう)動物)、ホヤ類(原索(げんさく)動物)など、主として海産無脊椎(むせきつい)動物のさまざまなグループにみられる。群体を形成する個体を個虫または個員とよぶ。群体は形態上から線状群体、樹状群体、球状群体、叢状(そうじょう)群体などに区別され、また固着性、浮遊性、匍匐(ほふく)性のものがある。群体の統合の程度はさまざまであり、個虫どうしが単に殻などによって連結されているだけのものから、個虫間に神経系による刺激の伝達がみられ全体として統合された動きをみせるものまである。クダクラゲ類(刺胞動物)やコケムシ類ではもっとも高度に統合された群体の例がみられる。クダクラゲ類のカツオノエボシでは、個虫が、浮き・栄養体・生殖体・触手などに形態的・機能的に分化しており、これらが集合して一つの群体を形成するが、それは高度に統合された動きによって餌(えさ)をとらえて消化し、あるいは刺激に対して逆方向に逃避することができる。このような群体が単一の受精卵から分裂によって生じるという点からも、それを一つの個体と考えることもできるが、海綿などでは同種の隣接した群体が合体して一つの群体となることもあり、また系統発生的にも、もともと単独生活を営んでいた個虫が集合して群体を生じたと考えるのが正しい。[喜多 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の群体の言及

【コロニー】より

…語意は植民地ないし同類集団の居住地であるが,第1次大戦後のイギリスの結核対策では転じて,一般地域で生活困難をきたす結核回復者へのアフターケアと労働とを組み合わせた共同生活施設の通称となった。日本には,結核回復者施設の流れをくむ身体障害者施設でコロニーと称する社会福祉法人がある。一方,親亡きあとの重度精神遅滞者に家庭に代わる施設の必要性を訴えた親たちの運動にこたえて,国が設置し,特殊法人の心身障害者福祉協会が運営する精神遅滞者の大型施設が,1971年群馬県高崎市に国立コロニーとして設立された。…

【植民地】より

…植民地という概念は,ラテン語coloniaに起源をもち,それが近代ヨーロッパ語のcolony(英語),colonie(フランス語),Kolonie(ドイツ語)として広く用いられ,さらに近代日本において,その日本語訳として定着したものである。この概念は古典古代,近代ヨーロッパ,近代日本と三重の歴史的位相をもち,それに応じて,意味する内容も拡大してきた。近代以前には,植民地という言葉はおもに,ある集団か,その一部が従来の土地を離れて新たな地域に移住し,そこで形成する社会を意味した。…

※「群体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

群体の関連キーワードクンショウモ(勲章藻)フサコケムシ(総苔虫)あつめて!カービィクロイソカイメンウスコモンサンゴカンテンコケムシベニアミコケムシヨウラククラゲエダミドリイシマンジュウボヤテーブル珊瑚ラン(藍)藻シコロサンゴパンドリナハリシテススダレガヤヒカリボヤ床板珊瑚類黄金色藻類イタボヤ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群体の関連情報