コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クセノプウロス クセノプウロスXenopoulos, Gregorios

1件 の用語解説(クセノプウロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クセノプウロス
Xenopoulos, Gregorios

[生]1867. コンスタンチノープル
[没]1951.1.14. アテネ
ギリシアの小説家,劇作家。都会生活を主題とする新しい型の小説を多数発表,またギリシア近代劇の創始者として,民衆の好みに訴える市井生活の戯曲を残した。代表作は『金持と貧乏人』 Plousioi kai ftochoi (1926) ,『正直者と不正直者』 Timioi kai atimoi (27) ,『幸福者と不幸者』 Tucheroi kai atuchoi (28) の3部作。戯曲には『フォティニ・サンズリ』 Foteini Sandri (08) ,『ステラ・ビオランティ』 Stella Violanti (09) など。また 1889年から文芸誌『エスチア』 Estiaの編集者となり,その後も文芸誌『ネア・エスチア』 Nea Estiaを創刊。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クセノプウロスの関連キーワード藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇江戸時代キンバリー大政奉還

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone