コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大政奉還 たいせいほうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大政奉還
たいせいほうかん

慶応3 (1867) 年江戸幕府朝廷に統治権を返上したこと。同3年3月薩長両藩が倒幕のための同盟を結んだのに対し,土佐藩は幕府をも加えた雄藩連合の新政権樹立を企て,同年 10月3日将軍徳川慶喜に大政奉還を勧告,6日には安芸藩からも同じ勧告がなされた。慶喜は熟慮の末,10月 12日二条城で老中以下に大政奉還の決意を伝え,翌 13日諸藩にこの旨を通達,14日朝廷に上表文を差出し,翌 15日朝廷はこれを許可した。ただし慶喜は必ずしも政権の全面的放棄を考えていたのではなく,新政体のもとであらためて実権を掌握する構想を秘めていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大政奉還

慶応3(1867)年10月13日、徳川慶喜が二条城の二の丸御殿大広間に、在京40藩の重臣を集め、政権を朝廷に返す意思を伝えた。翌14日に朝廷に文書を奉り、15日に成立。土佐藩の山内容堂が慶喜に、政権を返す建白を提出したことが直接のきっかけになったとされる。

(2017-01-11 朝日新聞 夕刊 文化芸能)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいせい‐ほうかん〔‐ホウクワン〕【大政奉還】

政権を天皇に返上すること。慶応3年(1867)10月14日、江戸幕府の第15代将軍徳川慶喜(とくがわよしのぶ)が政権を朝廷に返上することを申し入れ、朝廷が翌15日それを受け入れたこと。これによって鎌倉幕府以来約700年続いてきた武家政治は終了した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大政奉還【たいせいほうかん】

1867年11月9日(慶応3年10月14日)江戸幕府15代将軍徳川慶喜が朝廷へ政権返上を申し入れ,翌日受諾されたこと。1603年以来の江戸幕府はここに自壊した。
→関連項目江戸時代江戸幕府王政復古(日本)京都守護職公武合体小松帯刀坂本竜馬佐佐木高行薩土盟約倒幕運動二条城幕藩体制福岡孝弟松平慶永明治維新山内容堂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

防府市歴史用語集の解説

大政奉還

 1867年、徳川15代将軍の徳川慶喜[とくがわよしのぶ]が将軍職をやめ、政治をつかさどる権利を朝廷[ちょうてい]に返したことを言います。これによって、鎌倉時代から続いた武士の時代は終わりになります。

大政奉還

朝廷から幕府に与えられていた国の政治を行う権利を、朝廷に返すことです。江戸幕府の15代将軍徳川慶喜[とくがわよしのぶ]は1867年(慶応3年)朝廷に大政奉還[たいせいほうかん]を申し出て翌日許可され、ここに江戸幕府は終わりました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいせいほうかん【大政奉還】

1867年(慶応3)10月14日,江戸幕府の第15代将軍徳川慶喜が朝廷(天皇)へ政権返上を申し出,翌15日,朝廷が許可した幕末期の政治事件。〈大政〉とは天下の政治の意。慶応期(1865‐68)に入って倒幕運動が進展する過程で,土佐藩は公議政体論の立場から,幕府に政権の朝廷返上をすすめる政策をとった。その中心人物が後藤象二郎で,彼は前藩主山内容堂(豊信(とよしげ))を動かしてこの運動をすすめた。この後藤の大政奉還論の背後には,いわゆる〈船中八策〉(坂本竜馬が後藤と上京の途次立案し,1867年6月15日綱領化された)にみられる政治綱領があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいせいほうかん【大政奉還】

1867年11月9日(慶応3年10月14日)、徳川一五代将軍慶喜が征夷大将軍の職を辞し、政権を朝廷に返上することを申し出、翌日朝廷がそれを許可したこと。公武合体派の前土佐藩主山内豊信の建白によるが、討幕の名義を失ったかに見えた討幕派は同日討幕の密勅を得て、以後王政復古のクーデターによって慶喜の辞官納地を決し、鳥羽・伏見の戦いを経て戊辰ぼしん戦争へと発展させた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大政奉還
たいせいほうかん

「大政」とは天下の政(まつりごと)の意で、第15代将軍徳川慶喜(よしのぶ)が1867年(慶応3)10月14日、徳川氏265年間の政権を朝廷に奉還し、翌15日、朝廷がそれを勅許した幕末期の一大政治事件をいう。
 薩長(さっちょう)を中心とした倒幕運動が進むなかで、土佐藩は、公議政体論の立場から幕府に政権を返上させ、幕府に政局の主導権をとらせようとした。すなわち、土佐藩参政後藤象二郎(しょうじろう)は、幕府の若年寄格永井尚志(なおゆき)(「なおむね」とも読む)と連絡をとり、前藩主山内豊信(とよしげ)(容堂)の名で、10月3日、大政奉還建白書を老中板倉勝静(かつきよ)を通して将軍に提出した。これは坂本龍馬(りょうま)の「船中八策」の発想に基づくものであった。ついで6日、芸州(広島)藩も建白書を提出した。これを受けた徳川慶喜は、幕府の有司に意見をきき、ついで在京の諸藩の重臣(諸侯)を13日、二条城に集めて意見を求め、翌14日、大政奉還の上表文を武家伝奏日野資宗(すけむね)・同飛鳥井雅典(あすかいまさのり)に出した。
 こうした慶喜の行動の背景には厳しい内外の政治情勢があったが、大政をいったん朝廷に返しても、いずれ政局収拾の主導権は慶喜の手中に収まり、公議政体論に基づく慶喜中心の「大君(たいくん)」制国家を創出しうるとみていたのである。
 この日、薩長討幕派は「討幕の密勅」を得たが、大政奉還が翌15日勅許されたから、討幕派は足もとをすくわれ、ために、12月9日、討幕派による王政復古クーデターが敢行された。[田中 彰]
『石尾芳久著『大政奉還と討幕の密勅』(1979・三一書房) ▽萩原延寿著『大政奉還 遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄6』(1999・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大政奉還の言及

【王政復古】より

…〈尊王倒幕論〉は,〈攘夷〉すなわち外国勢力を打破するためには,幕府を倒して本来の統治者である天皇が政治を行う国家をつくるべきだとするもので,当初は〈勤王の志士〉と称する民間の武士の間で主張されたが,長州や薩摩のような大藩が朝廷と結んで幕府に対抗するに及んで巨大な政治力となった。第2次長州征伐に失敗した幕府は1867年(慶応3),将軍徳川慶喜の手によって朝廷への政権返還を行ったが(大政奉還),慶喜の意図は準備の整わぬ朝廷方に形式的に政権を返上して徳川家の権力を実質的に保持しようとすることにあった。しかし,これを察知した長州・薩摩の朝廷方(大久保利通,西郷隆盛,木戸孝允)や岩倉具視らは,土佐の公議政体論をおさえ,徳川家の無力化を図って,1867年12月9日には自らの手で〈王政復古の大号令〉を発した。…

【尊王論】より

…そうして,この観念は単に尊攘派ないし尊王討幕派に限らず,幕府関係者の間にまで浸透する。明治維新の過程で将軍によって〈大政奉還〉がなされるのはこのためである。また,討幕派の間には〈天皇親政〉が日本本来の政治制度であるという観念が高まり,この意味で〈王政復古〉が主張される。…

※「大政奉還」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大政奉還の関連キーワード大佐山田方谷記念館徳川(一橋)慶喜王政復古の大号令ええじゃないか終わりを告げる大久保 一翁小八木五兵衛今井栄(1)佐々木高行征夷大将軍クーデター小御所会議開国起原滝川具挙山内豊信辻 維岳浅野長勲丹羽花南永井尚志高橋泥舟

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大政奉還の関連情報