コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クトゥビアの塔 クトゥビアのとう

1件 の用語解説(クトゥビアの塔の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

クトゥビアのとう【クトゥビアの塔】

モロッコ第2の都市マラケシュにある、高さ69m、幅12.8mのミナレット(塔)。12世紀に建造された。マラケシュのシンボルといわれている。4面それぞれに異なる装飾をもつムーア様式建築は究極の美しさといわれ、夜はライトアップされる。このミナレットは、セビリアヒラルダの塔と並び、世界で最も美しいミナレットの一つとされている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クトゥビアの塔の関連キーワードマラケシュマラシュ赤らけし平らけし詳らけしモロッコ革安らけしマラケシュフェスティバルマラケシュ協定エンシャーラ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone