コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

究極/窮極 キュウキョク

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐きょく〔キウ‐|キユウ‐〕【究極/窮極】

[名](スル)物事をつきつめ、きわめること。また、その最後の到達点。究竟。「―の目的」
「この機器を益々修改(しゅうかい)し、工巧を―しければ」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

究極/窮極の関連キーワードアルファでありオメガであるチュロス王アポロニオス湖のくに生チーズケーキアンチ基礎づけ主義カンペチェ湾油田群バーダラーヤナ宇宙論的証明ギルガザムネ美味しんぼ意識一般カーテン自我実現根本規範近接要因赤字主体虚無の学生仏一如剣禅一致黒字主体快楽主義

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android