クヌーセン(Martin Hans Christian Knudsen)(読み)くぬーせん(英語表記)Martin Hans Christian Knudsen

  • 1871―1949

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デンマークの海洋学者。コペンハーゲン大学教授。多くの基礎的な業績により現代海洋化学の開祖といわれる。フォルヒC. Forch、セーレンセンS. P. L. Sørensenと共同で海水の「塩分」を定義、またヘラン・ハンセンB. Helland-Hansen(1877―1957)らと共同し『海洋常用表』を作成した。これらのほか「標準海水」を作成、また海水塩素量を決める「クヌーセンの海水ピペットおよびビュレット」はサリノメーターが導入されるまで長く海洋界で使用された。彼の常用表はその後発展、変遷し、1966年ユネスコとイギリス海洋学研究所により『国際海洋学常用表』として刊行されている。

[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android