コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クヌーセン Knudsen, Jakob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クヌーセン
Knudsen, Jakob

[生]1858.9.14. レディン
[没]1917.1.21. ビルケレート
デンマークの小説家。 G.ブランデスの指導する急進的リアリズムに反逆,社会主義や心理分析にも反対して,反抗よりは服従と責任を強調したモラリスト。主著『老牧師』 Den gamle Præst (1899) ,『心』 Sind (1903) ,『教師ウールプ』 Lærer Urup (09) ,『ユランの人々』 Tyder (15~17) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クヌーセン

デンマークの作家。教師や牧師などを経て文筆活動。小説《老牧師》(1899年),〈説教集〉(1893年),《人生観》(1908年),物語集《ユトランドの人々》2巻(1915年,1917年)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クヌーセン【Jakob Knudsen】

1858‐1917
デンマークの作家。国民高等学校アスコブの生徒となり,後日神学を学ぶ。コペンハーゲンで新自然主義文学に出会う。教師や牧師などを経て文筆活動に入るが,政治,社会の問題よりも原始的な人間の本能とキリスト教的人格,良心といったものとの矛盾に関心を持つ。小説《老牧師》(1899)のほか,〈説教集〉(1893)や講演と記事をまとめた《人生観》(1908),幼時を回想した《ユトランドの人々》2巻(1915,17)などの物語集がある。

クヌーセン【Martin Hans Christian Knudsen】

1871‐1949
デンマークの海洋学者,物理学者。コペンハーゲン大学で物理学を修め,1912年から41年までコペンハーゲン大学で物理学の教授をつとめる。海水の塩素量塩分密度などの物理的特性を明確に定義し,その測定法や計算法を確立した。とくに1899年には,塩分量の精密測定のために標準海水を作成する事業に主導的役割を果たし,また1901年には水温と塩素量に対して海水の塩分や密度の数値を与える海洋観測常用表を同僚の助力を得て作成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

クヌーセン

生年月日:1871年2月15日
デンマークの海洋学者
1949年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

クヌーセンの関連キーワードクヌーセン(Martin Hans Christian Knudsen)ペテルソン(Sven Otto Pettersson)マルティン・ハンス・クリスチャン クヌーセンクヌートセン‐ラングミュアの式クヌートセンの塩分公式クヌートセンの余弦則分子線エピタクシークヌートセンの流れクヌートセンの公式クヌートセンの定理クヌートセン効果クヌートセン数ナドセン効果クヌーセン数塩分[海水]自由分子流生年月日真空計鹹度

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android