ビュレット(英語表記)buret; burette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュレット
buret; burette

滴定などに使う液体または気体の体積を測定するガラス器具。目盛りのついたガラス管の一端を細くし,コックをつけたもの。あるいはガラス玉入りのゴム管をつけ,その先に先端の細い短いガラス管をはめたものなどもある。滴下前の目盛りの読みと,滴下終了後の目盛りの読みから,滴下した液体の体積を知ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビュレット

滴定などに使用する液体の容積を測定する装置。細かい容積目盛(50mlで0.1mlごと,10mlで0.02mlごと)のついたガラス管で,下端にガラス製コックまたはゴム管とピンチコック(またはガラス球)付の細いガラス管がついており,これを開閉して必要量だけ溶液を滴下して前後の目盛の読みの差から滴下量を知る。
→関連項目滴定

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビュレット【burette】

容量分析で,滴定などに用いる容積計量器の一つ。容積目盛のついたガラス管で,下端にガラス製コック,またはガラス球の入ったゴム管とピンチコック付きの細いガラス管がついており,これらを開閉させて内部の液を必要な量だけ流出させ,前後の目盛の読みの差から流出した液の容積を正確に知ることができる。最も典型的なものが図の左のコック付きで,ガイスラービュレットGeissler buretteという。目盛を読むとき上部の液面はメニスカス(表面張力により湾曲した表面)ができるので,目盛の読み方に気をつける必要があるし,また,液を急激に流出させると器壁に付着した少量があとから流れてくるので注意しなければならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビュレット【burette】

滴定の際、加えた溶液の体積をはかるために用いる化学実験器具。普通に用いるものは目盛りの付いたガラスの直管で、下端は細く、コックがあって、溶液を小さい滴として落とすことができる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビュレット
びゅれっと
buretburette

排出される液体または気体の体積を測定するための測容器で、気体用のものはガスビュレットとよばれることが多く、単にビュレットといえば液体用のものをさす。先端を細くしてコックあるいは弁を取り付けた一様な太さの胴をもつ長いガラス管(ガラス製でないものもある)で、胴の部分に一定間隔の目盛りが刻線されている。主として容量分析に使用され、排出開始時と終了時の液面の移動を目盛りで読み取り、排出量を知る。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ビュレット

〘名〙 (burette) 任意の量の液体を、容積を測定しながら排出、滴下できるガラス管製の化学実験用具。管の側面に等間隔の目盛線があり、滴下量を調整するためのコックやガラス玉のはいったゴム管が下についている。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android