コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クネオ Cùneo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クネオ
Cùneo

イタリア北西部,ピエモンテ州クネオ県の県都。トリノの南約 75km,ストゥラディデモンテ川とジェッソ川の合流点に位置し,市名はこの合流点の形が楔 (イタリア語でクネオ) の形をしていることに由来する。 1198年にミラノ方面からの亡命者や逃亡者によりつくられた。古い市域は狭い道路の側面に柱廊が並び,新市域は鉄道駅方面に発展し,旧市域とは大きな陸橋で結ばれている。おもな産業は鉄,大理石加工,紡績,チーズ,酒,ビールの製造などであるが,特に生糸とクリの生産で知られる。ロンバルディア・ゴシック様式の聖フランチェスコ聖堂,1231年の聖アンブロジオ聖堂など由緒ある建造物も多い。人口5万 5568 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のクネオの言及

【ピエモンテ[州]】より

…人口431万(1994)。トリノ,アレッサンドリア,ノバラ,アスティAsti,クネオCuneo,ベルチェリ,ビエラBiella,ベルバノ・クジオ・オッソラVerbano-Cusio-Ossolaの8県から成る。州都はトリノ。…

※「クネオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クネオの関連キーワードL. エイナウディピエモンテ[州]エイナウディサルッツォペアノ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android