コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマリ

百科事典マイペディアの解説

クマリ

ネパール盆地のネワール人に信仰される生き神。ドゥルガー女神の処女相として13世紀以降信仰され,18世紀から隆盛。クマリになるのは仏教徒カーストの初潮前の少女。クマリは多くの集落にいるが,カトマンズのクマリは〈クマリの館〉に住み,特に有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

クマリの関連キーワードフェルディナント1世[ルーマニア王]クマリン(データノート)ミクマリノカミ(水分神)クルマバソウ(車葉草)ふがいない僕は空を見たベリールアンメール島ビベーカーナンダ岩クマリアンマン寺院カニャークマリ寺院サリチルアルデヒドインドラジャトラキース エンゲンコロマンデル海岸カニャークマリカロル[1世]ナーゲルコイル血液凝固阻止薬コモリン[岬]ピペロナール蛍光増白染料

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クマリの関連情報