コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマリ

百科事典マイペディアの解説

クマリ

ネパール盆地のネワール人に信仰される生き神。ドゥルガー女神の処女相として13世紀以降信仰され,18世紀から隆盛。クマリになるのは仏教徒カーストの初潮前の少女。クマリは多くの集落にいるが,カトマンズのクマリは〈クマリの館〉に住み,特に有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

クマリの関連キーワードフェルディナント1世[ルーマニア王]ウィリアム・ヘンリー パーキンミクマリノカミ(水分神)クマリン(データノート)クルマバソウ(車葉草)ふがいない僕は空を見たベリールアンメール島カニャークマリ寺院ビベーカーナンダ岩サリチルアルデヒドクマリアンマン寺院キース エンゲンインドラジャトラコロマンデル海岸血液凝固阻止薬カロル[1世]イエローナイフナーゲルコイルカニャークマリコモリン[岬]

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クマリの関連情報