少女(読み)ショウジョ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じょ〔セウヂヨ〕【少女】

年少の女子。ふつう7歳前後から18歳前後までの、成年に達しない女子をさす。おとめ。「多感な少女時代」「文学少女
律令制で、17歳以上、20歳(のち21歳)以下の女子の称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじょ【少女】

年若い女の子。普通、七、八歳から一五、六歳くらいまで。おとめ。 → 少年
律令制の年齢区分で、一七歳以上二〇歳以下の女子の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

少女の関連情報