コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライアー Cleyer, Andries

3件 の用語解説(クライアーの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

クライアー Cleyer, Andries

クライエル

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

クライアー

没年:1698頃(1698頃)
生年:1634
江戸前期の長崎出島オランダ商館長。ドイツのカッセル生まれ。28歳までにバタビアに渡る。1667年オランダ東インド会社のバタビア城薬局長となり,中国医学を研究,『中国医学小論』(1682)を著す。2度の出島オランダ商館長在任期間中(1682.10.20~1683.11.8,1685.10.17~1686.11.5),ドイツ人庭師ゲオルグ・マイスター(1653~1713)と共に,通詞の協力を得て,西欧人として初めて本格的に日本産植物を研究。加賀(金沢)藩主前田綱紀の求めに応じて,天和2(1682)年にドドネウス『草木誌』(1644)の銅版手彩色版を贈る一方,バタビアに持ち帰った日本の動植物図譜をアムステルダム市長ニコラス・ウィトセン,ダンチヒ(ポーランド)の植物学者ヤコブ・ブライン,ドイツのブランデルブルク選挙侯に送るなど,東西の博物知識の交流に貢献した。クライアーと共に研究に当たったマイスターには日本の園芸植物,日本庭園を西欧に初めて紹介した『東インドの庭師』(1731)がある。

(松田清)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クライアー
くらいあー
Andreas Cleyer
(1634―1697/1698)

植物愛好家。プロシアのカッセルに生まれる。オランダ東インド会社に入社。バタビア(現、ジャカルタ)に居住。1682年(天和2)に長崎のオランダ商館長として来日。長崎ではオランダ風にアンデレイス・ケレイルとよばれていた。1686年にバタビアに帰り、その地で没した。植物を愛し、在日中に1360種余りの植物を採集し、図説して友人のメンツェルChristian Mentzel(1622―1701)に送り、そのうちの53種がドイツの学術雑誌に掲載された。そのほか漢籍なども集め、のち植物図説とともにベルリンの王立図書館に寄贈し、ドイツにおける日本研究の基礎をつくるのに貢献した。しかし、日本の博物学の発達に直接寄与するところは少なかった。[真船和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クライアーの関連キーワードオランダ商館オランダ屋敷商館ズーフオランダ下りアルマンスコイエットティツィングフィッセルヘンミ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone