居住(読み)いずまう

精選版 日本国語大辞典「居住」の解説

い‐ずま・う ゐずまふ【居住】

〘自ハ四〙 (「いすまう」とも) いずまいをなおす。すわりなおす。きちんとすわる。
※歌舞伎・与話情浮名横櫛(切られ与三)(1853)四幕「両人顔見合せ、居住(イズマ)ふ」

きょ‐じゅう ‥ヂュウ【居住】

〙 ある場所に住むこと。また、その。すまい。
※続日本紀‐養老六年(722)二月閏四月乙丑「即他郷之人、経年居住」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「居住」の解説

きょ‐じゅう〔‐ヂユウ〕【居住】

[名](スル)住むこと。すまい。「居住者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の居住の言及

【居住・移転の自由】より

…居住地を決定し,またそれを変更する自由。封建時代には,居住・移転の自由は職業選択の自由と並んで厳しく制限されていたが,土地から分離された自由な労働力の形成という意味において,この居住・移転の自由は,資本主義社会存立の不可欠の前提条件として保障された。…

※「居住」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android