コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライストチャーチのアートセンター クライストチャーチのアートセンター

1件 の用語解説(クライストチャーチのアートセンターの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

クライストチャーチのアートセンター【クライストチャーチのアートセンター】

ニュージーランド南島最大の都市クライストチャーチにある、ネオゴシック様式の重厚な建物が集まって形成されているユニークアート空間。かつてはカンタベリー大学の校舎として使われていた。広い敷地内には各芸術分野の工房が40近くもあり、映画館やカフェテリア、劇場も併設されている。週末にはマーケットも開かれ、活気を帯びる。工房は一般に公開されているものもあり、制作風景を見学しながら自分が気に入った作品を購入することができ、ワークショップでは、作品制作に興じることができる。◇2011年2月の地震で、建物に大きな被害を受けた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クライストチャーチのアートセンターの関連キーワードクック山ニュージーランド亜区とうほくニュージーランド村ニュージーランド交響楽団ロトルア・ニュージーランドマラソンニュージーランドマアジニュージーランド南部地震ニュージーランド・ポニー種 (New Zeal Land Pony)ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone