活気(読み)かっき

精選版 日本国語大辞典「活気」の解説

かっ‐き クヮッ‥【活気】

〘名〙 活動の根元となる気。転じて、生き生きとした気分。元気。生気。また、生き生きとしてにぎやかな感じ。
※談義本・風流志道軒伝(1763)二「を嚢(ふくろ)に入れた様な番頭も活気(クヮッキ)を出し、大盃の酔が廻り」 〔詩経疏‐周頌・載芟〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「活気」の解説

かっ‐き〔クワツ‐〕【活気】

生き生きとした気分。生気。「活気のある教室」「活気にあふれる」
[類語]元気生気血気景気精気神気鋭気壮気覇気威勢活力精力気力フレッシュ瑞瑞みずみずしい新鮮生鮮生新清新なまぴちぴち生き生き初初ういういしい溌剌はつらつホット最新トレンディー新た目新しい斬新最先端真っさら出来立てほやほや新味新風生き新進新進気鋭新鋭新星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android