コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライゼン転位 クライゼンてんいClaisen rearrangement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライゼン転位
クライゼンてんい
Claisen rearrangement

フェノールまたはエノールO -アリルエーテルを加熱して,C -アリル化合物が生じる転位反応

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クライゼン転位
くらいぜんてんい
Claisen rearrangement

フェノールまたはエノール形化合物のO-アリルエーテルを加熱するとアリール基が酸素原子から炭素原子に転位する有機化学反応。1912年ドイツのクライゼンRainer Ludwig Claisen(1851―1930)がみいだした転位で、フェニルアリルエーテルからO-アリルフェノールへ転位するが、オルト位置がふさがっているとパラ位置に転位し、これをパラクライゼン転位という。[湯川泰秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクライゼン転位の言及

【転位】より

…これらは大別して,(a)中性分子で起こる転位,(b)カチオン系で起こる転位,(c)アニオン系で起こる転位,の三つに分類される。(1)の場合,コープ転位(式(1)),クライゼン転位(式(2))などがあり,これらは電子環状反応electrocyclic reaction(〈ウッドワード=ホフマン則〉の項参照)の一種である。(化学式)(2)に分類できる転位反応の代表例として,カルベニウムイオンにおける転位がある。…

※「クライゼン転位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クライゼン転位の関連キーワード転位(有機化学反応)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android