クライゼン転位(読み)クライゼンてんい(英語表記)Claisen rearrangement

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クライゼン転位
くらいぜんてんい
Claisen rearrangement

フェノールまたはエノール形化合物のO-アリルエーテルを加熱するとアリール基が酸素原子から炭素原子に転位する有機化学反応。1912年ドイツのクライゼンRainer Ludwig Claisen(1851―1930)がみいだした転位で、フェニルアリルエーテルからO-アリルフェノールへ転位するが、オルト位置がふさがっているとパラ位置に転位し、これをパラクライゼン転位という。[湯川泰秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクライゼン転位の言及

【転位】より

…これらは大別して,(a)中性分子で起こる転位,(b)カチオン系で起こる転位,(c)アニオン系で起こる転位,の三つに分類される。(1)の場合,コープ転位(式(1)),クライゼン転位(式(2))などがあり,これらは電子環状反応electrocyclic reaction(〈ウッドワード=ホフマン則〉の項参照)の一種である。(化学式)(2)に分類できる転位反応の代表例として,カルベニウムイオンにおける転位がある。…

※「クライゼン転位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android