クリオスタット(英語表記)cryostat

翻訳|cryostat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリオスタット
cryostat

クライオスタットともいう。組織片を-16~-20℃の低温で切るための装置。家庭用冷蔵庫ぐらいの氷室の中に薄切器があり,外部からの操作で4~10μmの切片をつくる。手術中に癌の診断をするときのように,迅速に標本用の薄切切片をつくるために用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクリオスタットの言及

【クライオスタット】より

…実際に用いるクライオスタットは,その目的に応じて,試料を光で照射したり,電導度が測定できるように電線を引き出すなどのくふうがこらされている。なお生物学では,組織化学的な研究のために凍結切片を作る装置をいい,ふつうクリオスタットと呼んでいる。【井口 洋夫】。…

※「クリオスタット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android