クレイグ・T. ネルソン(英語表記)Craig T. Nelson

20世紀西洋人名事典の解説

クレイグ・T. ネルソン
Craig T. Nelson


米国の俳優。
ワシントン州スポーケン生まれ。
父はビング・クロスビーのバンドのドラマー、母はダンサー。ワシントン州立大学及びアリゾナ大学で演劇を学び、ロサンジェルスのオックスフォード劇場で演劇を本格的に修業した。同期に脚本家で監督のバリー・レビンソンがおり、後に共同でシナリオを書き、テレビ番組「Lohman and Barkley Show」でエミー賞を受賞。1978年に「チャーリーズ・エンジェル」に出演し、俳優に復帰。’79年「ジャスティス」で映画デビューした。その他の作品に「Red Riding Hood」等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android