クレビヨン(読み)くれびよん(英語表記)Prosper Jolyot de Crébillon

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレビヨン(Prosper Jolyot de Crbillon)
くれびよん
Prosper Jolyot de Crbillon
(1674―1762)

フランスの悲劇作家。ボルテールの華々しい活躍があったにもかかわらず、18世紀には第二のラシーヌ待望論が絶えなかった。これを背景に登場したのがクレビヨンで、『イドメネ』(1705)の成功に自信を得て、法曹界を捨て悲劇作家となった。しかし、『クセルセス』(1714)は失敗し、名声回復には『ピュロス』(1726)を待たねばならなかった。アカデミー会員に選ばれ、検閲官も務めた。息子の小説家クレビヨンに対しては「私の最大の駄作は息子」と許していた。[植田祐次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例