自信(読み)じしん

精選版 日本国語大辞典「自信」の解説

じ‐しん【自信】

〘名〙 自分の能力や価値などを信じること。自分の行為や考え方を信じて疑わないこと。
※星巖先生遺稿‐後編(1863‐65)紫薇仙館集・縦筆做陳白沙体「自信不及故、死泯々波々
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉二「沈着(おちつ)いてゐて、自信が厚さうに見えて」
※晴れたり君よ(1924)〈宇野浩二〉「余程の手腕を自信するのでなければ」 〔新唐書‐盧承慶伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「自信」の解説

【自信】じしん

自分の成功を信じる。〔戦国策〕康王~(とう)を滅ぼし、(せつ)を伐ち、淮北の地を取り、乃ち(いよいよ)自ら信じ、の亟(すみ)やかにらんことを欲す。故に天を射、地を笞(むちう)ち、稷(しやしよく)を斬る。

字通「自」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android