コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレビヨン クレビヨンCrébillon, Claude Prosper Jolyot de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレビヨン
Crébillon, Claude Prosper Jolyot de

[生]1707.2.14. パリ
[没]1777.4.12. パリ
フランスの小説家。 P.クレビヨンの息子で,通常クレビヨン・フィスと呼ばれる。父とは異なりその当時盛んであった好色小説を手がけた。作品のなかで実在人物に露骨に言及して投獄されたり,国王ルイ 15世を戯画化したとみなされ一時亡命を余儀なくされたこともある。卑猥で不道徳な題材を扱うにもかかわらず,皮肉にも出版検閲官に任じられたりした。作品の多くは東洋に背景をかり,当時の人物を数多く登場させ偽善をあばくなど鋭い描写をしている。主著『心の迷い,気の迷い』 Les Égarements du cœur et de l'esprit (1736) ,『ソファー』 Le Sopha (42) など。

クレビヨン
Crébillon, Prosper Jolyot, sieur de

[生]1674.2.13. ディジョン
[没]1762.6.17. パリ
フランスの劇作家。公証人の家柄で,法律を学ぶためパリにのぼるが,次第に演劇にひかれ劇作活動に入る。 1711年上演の悲劇『ラダミストとゼノビー』 Rhadamiste et Zénobieはボアローのきびしい批評を浴びはしたが,彼の傑作といえ,悲壮の効果と恐怖を与える手法が特徴となっている。 31年アカデミー・フランセーズ会員に選ばれ,35年には出版検閲官に任じられた。ギリシア悲劇の単純さよりロマネスクな複雑さを好み,むしろ古典悲劇を終らせる役割を果したともいえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クレビヨンの関連キーワードクレビヨン(Claudeクレビヨン(Prosper Jolyot de Crébillon)シャンソン(フランスのポピュラー・ソング)クレビヨン父子フランス演劇書簡体小説クレロン嬢2月14日2月13日好色文学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android