コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレプシュドラ

百科事典マイペディアの解説

クレプシュドラ

古代エジプトやギリシアで使われた水時計。底に穴のあいている容器に水を入れ,水面の位置によって時間を測った。クレプシュドラは〈水を盗む〉の意。古代ギリシアでは水の流出時間により法廷での弁論時間の制限に用いた。
→関連項目水時計

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のクレプシュドラの言及

【水時計】より

…また古代サクソン人は底に小さい穴のあいた金属製の鉢を水に浮かべ,鉢が沈むまでの時間が一定なのを時計として利用した。水時計をもっともよく利用したのは古代ギリシア人で,クレプシュドラ(もとは〈水を盗む〉の意)と呼ばれ,演説や裁判の弁論の時間を,一定量の水をあてがうことにより制限した。アレクサンドリアで活躍したクテシビオスが作った水時計は,円筒に水が少しずつ流れこんでうきをおし上げ,うきについた人形が時刻目盛をさし示すもので,流れこむ水量を自動的に調節して一定に保つしくみや,不定時法により月ごとに変わる時刻目盛を次々に円筒に記入しておき,これを自動的に回転させる装置をそなえた精巧なものだった。…

※「クレプシュドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報