コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロカビ

栄養・生化学辞典の解説

クロカビ

 胞子や菌糸の色が黒,すす色,深黒褐色などのカビの総称.[Aspergillus niger]などが代表的.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のクロカビの言及

【コウジカビ(麴黴)】より

…アワモリコウジカビA.awamori Nakazawaは泡盛醸造に使われる。クロカビA.niger V.Tieghem(英名black mold)も餅,米飯,パンなどにごく普通である。応用性の高い反面,有害菌もあり,フミガツスコウジカビA.fumigatusは40℃でよく生え,鳥類(ときに人体)の肺に生えて病気(アスペルギルス病)をおこし,カワキコウジカビA.glaucus群はやや乾いたものを好むので,塩分や糖分の多い食品や皮革製品,レンズなどに発生することが多い。…

※「クロカビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クロカビの関連キーワード枸櫞酸発酵・クエン酸発酵サビツボキン(銹壺菌)コウジカビ(麹黴)オルピディオプシスサカゲツボカビ類グルコシダーゼクエン酸発酵ツボカビ類菌類分布クエン酸古生菌類ツボカビ卵菌類銘木

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロカビの関連情報