コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クログチ(読み)くろぐち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クログチ
くろぐち / 黒石魚
[学]Atrobucca nibe

硬骨魚綱スズキ目ニベ科に属する海水魚。日本の南西部から南シナ海に分布し、砂泥底に生息する。体はやや長く、側扁(そくへん)する。口内および腹膜が黒色であることが本種の特徴。産卵盛期は6月、成長は遅く、1年で10センチメートル、2年で18センチメートル、3年で25センチメートルに成長し、極限体長は43センチメートル。食性は肉食性で、小魚、イカ類、エビ類、カニ類のほか、浮遊性甲殻類を捕食する。底引網で多量に漁獲され、良質のかまぼこ原料にされる。[谷口順彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクログチの言及

【イシダイ(石鯛)】より

…この縞は成長するとはっきりしなくなり全体に黒ずんでくる。老成魚では口のまわりが黒くなってくるので,とくに関西ではクログチ,クチグロ,ブラックマスクなどの呼名も使われる。北海道以南の各地の沿岸に見られるが南日本に多い。…

※「クログチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android