クロスケーブル(読み)クロス ケーブル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

クロスケーブル

パソコンとパソコンなど、同じ機器同士を直接つないで通信させる場合に使うケーブルハブパソコンとを接続するLANケーブルは、ストレートケーブルという。クロスケーブルは、ストレートケーブルの内部結線交差して、入力側と出力側が接続されるようになっている。10BASE-Tシリアルパラレルなどのケーブルで用いられる。最近では、パソコン側で自動的にクロスとストレートを切り替えるのが一般的になっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

クロスケーブル

2台のパソコンを直結するのに利用するケーブルで、イーサネット用のケーブルやUSBケーブルがあります。通常のケーブルとは構造が違い、内部で一部の配線が入れ替わっている(クロスしている)ことからこの名前で呼ばれます。イーサネットでは通常パソコン同士を接続するのに中継用のハブが必要になりますし、USBはパソコン同士を接続することが想定されていませんが、クロスケーブルを使うことでパソコン同士を直結できるのです。
⇨イーサネット、ストレートケーブル、ハブ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

クロスケーブル【cross cable】

コンピューターとコンピューターなど、同じ機器同士を接続する際に用いるケーブル。ストレートケーブルでは送信端子同士が結ばれてしまうため、途中で電線を交差(クロス)させて、送信端子と受信端子を正しく対応付けているもの。◇「リバースケーブル」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報