交差(読み)こうさ(英語表記)crossing-over

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「交差」の解説

交差
こうさ
crossing-over

細胞分裂の際,ことに減数分裂時,相同染色体間に生じる部分交換の現象。これにより遺伝子組換えが起る。換えと交差は同義に扱われやすいが,前者は遺伝学的現象,後者は細胞学的現象である。減数分裂前期には,2本の相同染色体がX字形に交わるがみられ,キアズマというが,これは交差の生じた結果と解される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「交差」の解説

こう‐さ〔カウ‐〕【交差/交×叉】

[名](スル)
2本以上の線状のものが、ある一点で交わること。また、互い違いになること。「道路が縦横に―している」「立体―」⇔平行
生殖細胞減数分裂の際、相同染色体の間でその一部が交換する現象。交換部分の対立遺伝子ヘテロ(異型)の場合、遺伝子の組み替えがみられる。乗り換え。
[類語]クロス交わる筋交い打ち違い立体交差

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android