コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスファイア cross fire

翻訳|cross fire

デジタル大辞泉プラスの解説

クロスファイア

2000年公開の日本映画。監督・脚本金子修介、原作:宮部みゆきによる小説『鳩笛草』『クロスファイア』、脚本:山田耕大、横谷昌宏。出演:矢田亜希子、伊藤英明原田龍二長澤まさみ吉沢悠、徳山秀典、永島敏行、桃井かおりほか。物体を燃やす超能力を持つ女性をめぐるミステリー

クロスファイア

宮部みゆきの長編SFサスペンス。1998年刊行。

クロスファイア

アメリカのクライスラーが2003年から2007年まで製造、販売していた乗用車。2ドアクーペ、およびオープンカー。メルセデス・ベンツのSLKクラスをベースに開発された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

クロスファイア【cross fire】

〔十字砲火の意〕
野球で、球が本塁上を外角から内角へ、また内角から外角へと斜めに通過するような投球。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

クロスファイアの関連キーワードジョン ウェットンパット ブキャナンインド映画田原総一朗長谷川幸洋津野しの咲乃藍里黒沢次郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロスファイアの関連情報