投手(読み)トウシュ

大辞林 第三版の解説

とうしゅ【投手】

野球やソフトボールで、打者に対して球を投ずる者。ピッチャー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐しゅ【投手】

〘名〙 (pitcher の訳語) 野球やソフトボールなどで、打者にボールを投げる人。ピッチャー。
※最近野球術(1905)〈橋戸信〉内野篇「最も練習を要する至難の職務は、云ふ迄もなく投手其人にして」
[語誌]英語 pitcher の訳語としては、当初は「投球者」、「投者」、「投手(なげて)」などがあったが、「投手」を音読みした「とうしゅ」が現われて普及し定着した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の投手の言及

【野球】より


[起源]
 1907年,アメリカのナショナル・リーグのミルズ会長を委員長とする6人の委員で〈ベースボール起源調査委員会〉がつくられた。この委員会は,もと投手で当時アメリカで最大の運動具商のスポルディングAlbert Goodwill Spalding(1850‐1915)が依頼して構成されたといわれる。調査委は,野球はアメリカで生まれたものであり,1839年にダブルデー少将Abner Doubledayが考案し,最初のゲームはニューヨーク州の郊外クーパーズタウンで行われた,と結論を出した。…

※「投手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

投手の関連情報