クロハリイ(黒針藺)(読み)クロハリイ(英語表記)Eleocharis kamtschatica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロハリイ(黒針藺)
クロハリイ
Eleocharis kamtschatica

カヤツリグサ科の多年草ヒメハリイともいう。アジア東部と北アメリカ温帯に分布し,日本では各地の海岸近くの日当りのよい湿地に生じる。根茎は横にはい,ひげ根を出す。茎は細長い円柱形で直立して約 30cmの高さとなる。葉は退化して褐色の鞘状になる。夏秋の頃,茎頂に暗紫褐色,長楕円形の小穂を単生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android