コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロハリイ(黒針藺) クロハリイEleocharis kamtschatica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロハリイ(黒針藺)
クロハリイ
Eleocharis kamtschatica

カヤツリグサ科の多年草ヒメハリイともいう。アジア東部と北アメリカ温帯に分布し,日本では各地の海岸近くの日当りのよい湿地に生じる。根茎は横にはい,ひげ根を出す。茎は細長い円柱形で直立して約 30cmの高さとなる。葉は退化して褐色の鞘状になる。夏秋の頃,茎頂に暗紫褐色,長楕円形の小穂を単生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クロハリイ(黒針藺)の関連キーワードカヤツリグサ科

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android