コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根茎 こんけいrhizome

翻訳|rhizome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根茎
こんけい
rhizome

茎の変態の一つ。主として地下または地表面をはうように伸びて,一見のような形をした地中のものはときに貯蔵の組織が発達して (カキツバタアマドコロなど) 塊状となる。タケ,ヨシなどのイネ科植物,ワラビなどのシダ植物で最も発達した形がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こん‐けい【根茎】

根と茎。
地下茎の一。根に似て地中をはい、節から根や芽を出す。ハスタケなどにみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こんけい【根茎】

茎の一形で、根のように見えるものの総称。多くは地中、まれに地表を横にはい、根・茎・葉を出す。タケ・ハス・フキなどに見られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根茎
こんけい

地下または地表や岩上などを横にはい、一見して根に似た外観を呈する茎。地上に葉を出すかまたは鱗片葉(りんぺんよう)をつけるなどで、外部形態からも根と区別できるし、内部構造を調べれば維管束の配置から明瞭(めいりょう)に識別される。養分を貯蔵して越冬や栄養繁殖に役だつものが多い。ドクダミ、ヒルガオ、アヤメなど被子植物にも例は豊富であるほか、シダ植物にはきわめて普遍的である。ゼンマイなどの地下部は節間(せっかん)が短くて直立するが、習慣上これも根茎とよぶ。[福田泰二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の根茎の言及

【茎】より

…シダ植物と顕花植物(両者を合わせて維管束植物という)の体の部分のうち,葉や芽をつける軸状構造の器官である。樹木の幹は主茎が二次肥厚したものでその顕著な例は屋久杉やセコイアの巨木にみられるが,一方シダ植物の根茎のように地中にあって目立たないものもある。先端に花をつける花茎も茎の一種である。…

【地下茎】より

… 地下茎は地面からすぐ下にある場合が多いが,スギナやハスなどのようにかなり深く地中を横走することもあり,これらの場合通気腔が発達している。地下茎はその形状から,横にはうものを根茎rhizome,塊状,球状のものを塊茎tuber,球茎corm,鱗片葉がつくものを鱗茎bulbなどという。シダ類のワラビやウラジロの地下茎は地中を長くはい,枝分れし,典型的な根茎であるが,斜上したり短く直立する根茎もある。…

【匍匐茎】より

…ワラビ,シノブ,チドメグサ,オランダイチゴ,ユキノシタなどはその一例である。地中をはう匍匐茎は根茎rhizomeとも呼ばれる(ワラビなど)。匍匐茎はふつう分枝し,主茎と側枝がともに伸びるが,チドメグサのように茎端は花に終わり,かわりに腋芽(えきが)がのびる場合もある。…

※「根茎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

根茎の関連キーワードエッセンシャルオイルチクセツニンジンショウキョウビャクジュツオスマンダゲンチアナリュウタンベルゲニアソウジュツ竹節人参粉わさびミョウガタクシャオウレンタピオカコウブシサンヤクカンゾウダイオウガジュツ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根茎の関連情報