コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小穂 ショウスイ

大辞林 第三版の解説

しょうすい【小穂】

イネ科・カヤツリグサ科の植物の複花序を構成する最小単位の花序。穂状で一~数個の花をつける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

小穂の関連キーワードヒンジガヤツリ(品字蚊帳吊)イブキヌカボ(伊吹糠穂)ヌマガヤツリ(沼蚊帳吊)カニツリグサ(蟹釣草)ヒメシラスゲ(姫白菅)シンジュガヤ(真珠茅)サンカクイ(三角藺)コヌカグサ(小糠草)ナルコビエ(鳴子稗)オオスズメノテッポウノテンツキ(野点突)ハマムギ(浜麦)イソマツ(磯松)ヒゴクサ(籤草)テンツキ(点突)ドジョウツナギヤマカモジグサカズノコグサコウボウシバスズメノヒエ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小穂の関連情報