コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロム染料 クロムセンリョウ

2件 の用語解説(クロム染料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クロム‐せんりょう〔‐センレウ〕【クロム染料】

媒染剤に主としてクロム塩を用いる酸性媒染染料。羊毛・絹・ナイロンなどの染色に用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

クロムせんりょう【クロム染料】

クロム化合物を媒染剤とする酸性媒染染料。分子内に酸性基をもち、主にクロムと錯体をつくって染料と繊維との結合を強める。羊毛・絹などの染色に用いられ、黒・紫・深青・褐色など多くの色がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のクロム染料の言及

【酸性媒染染料】より

…媒染とは,金属塩(媒染剤)で前処理した繊維をこれと結合する染料で染めることをいう。金属としてはクロムがよく用いられていたことからクロム染料ともいう。このように繊維上で不溶性錯塩を生成して堅牢な染色を得る技術は酸性媒染染料へと発展し,酸性染料と同様に動物性繊維を染めた後,金属イオンで処理し不溶性錯塩を生成させる。…

【媒染染料】より

…これは,酸性染料の一種として動物性繊維を染着した後,金属イオン(クロムに限られる)で処理するもので,この場合媒染剤としては重クロム酸塩が用いられる。したがって,このような染料のことをクロム染料,処理をクロム後処理という。金属塩による繊維の前処理(すなわち本来の媒染)による染色も可能で,この方法はセルロース繊維の媒染染色として使用される。…

※「クロム染料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone