コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸性媒染染料 さんせいばいせんせんりょう

3件 の用語解説(酸性媒染染料の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

酸性媒染染料【さんせいばいせんせんりょう】

酸性染料の一種で媒染染料の性質をもつもの。いったん繊維を染めた後,金属塩を含んだ液中で後処理すると,染料と金属イオンが結合して水に溶けにくくなり,洗濯にも強くなる。
→関連項目染料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんせいばいせんせんりょう【酸性媒染染料 acid mordant dye】

媒染とは,金属塩(媒染剤)で前処理した繊維をこれと結合する染料で染めることをいう。金属としてはクロムがよく用いられていたことからクロム染料ともいう。このように繊維上で不溶性錯塩を生成して堅牢な染色を得る技術は酸性媒染染料へと発展し,酸性染料と同様に動物性繊維を染めた後,金属イオンで処理し不溶性錯塩を生成させる。さらに最初から金属塩となっている含金属染料が登場,発展した。これはアゾ染料が母体となり,アゾ基の両オルト位に錯形成基(ヒドロキシOH,カルボキシCOOH,アミノNH2)をもち金属とキレート化合物を形成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸性媒染染料
さんせいばいせんせんりょう
acid mordant dyes

金属イオンと錯塩結合して、水不溶性の金属錯体レーキ)をつくりうる染料を媒染染料という。酸性染料と同様の染色性をもち、かつ金属イオンと配位結合しうる染料が酸性媒染染料である。金属イオンとしてクロムを用いることが多いのでクロム染料ともいう。羊毛の黒、紺、茶色などの濃色染めに利用されており、耐光性や耐湿潤性に優れたものが多い。
 アゾ色素系が多く、アゾ基と分子内中のヒドロキシ基、アミノ基、カルボキシ基(カルボキシル基)などによって金属イオン配位結合する。金属イオンとして用いられるクロムは、重クロム酸カリウムの六価クロムが用いられるが、三価クロムとなり染料と結合する。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の酸性媒染染料の言及

【媒染染料】より

…媒染染料は本来,繊維に直接の染着力をもたず,媒染剤で処理した繊維に染着する染料であるが,その染着機構である金属と錯塩を形成することに着目すれば,媒染剤で染色の前あるいは後で処理する媒染可能な酸性染料である酸性媒染染料,酸性媒染染料から発達し分子内にすでに金属を錯塩としてもっている1:1型金属錯塩染料,1:2型金属錯塩染料まで媒染染料として考えることもできる。しかし一般的には金属錯塩染料は酸性染料の部属として扱い,媒染染料としては,本来の媒染染料,酸性媒染染料,およびアルマイト用染料の3種を含めるのが普通である。…

※「酸性媒染染料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

酸性媒染染料の関連キーワード塩化鉄媒染媒染染料梅谷渋塩化錫クロム染料鉄媒染剤媒染剤固着剤瀉痢塩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone