クワヒュ高原(読み)クワヒュこうげん(英語表記)Kwahu Plateau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワヒュ高原
クワヒュこうげん
Kwahu Plateau

ガーナ中南部の高原。ボルタ湖の南西から北西に連なる。平均標高 460m。最高点はエジュアメナ山 (789m) 。同国主産のカカオ,木材を産するほか,中部南麓のコノンゴには金鉱山がある。高原中のマムポン,ウェンチ,ムプラエソなどの町は植民地時代にはイギリス人の保養地であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android