コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワヒュ高原 クワヒュこうげんKwahu Plateau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワヒュ高原
クワヒュこうげん
Kwahu Plateau

ガーナ中南部の高原。ボルタ湖の南西から北西に連なる。平均標高 460m。最高点はエジュアメナ山 (789m) 。同国主産のカカオ,木材を産するほか,中部南麓のコノンゴには金鉱山がある。高原中のマムポン,ウェンチ,ムプラエソなどの町は植民地時代にはイギリス人の保養地であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android