コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クールシュベル Courchevel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クールシュベル
Courchevel

フランス南東部,サボア県東部のバノアーズ山地にあるウィンタースポーツの中心地。常住人口は約 400。標高 1300m以上にルプラ,モリオンなどの基地があり,リフトで結ばれているが,特に有名なのはクールシュベル 1550 (m) ,クールシュベル 1850 (m) の2ヵ所で豪華なホテルが多い。クールシュベル 1850からは,展望のすばらしさで知られるラソリール (2690m) の山頂までケーブルが通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クールシュベルの関連キーワードトロアバレー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android