コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グジラート Gujrāt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グジラート
Gujrāt

パキスタン北東部,パンジャブ州,ラワルピンディー県の都市。チェナブ川北岸に位置し,国鉄ラホール-ラワルピンディー線の中間地点にあり,主要駅ともなっている。古くからこの地方の物資集積地として栄えていたが,1303年モンゴル帝国の侵略により破壊されたあとしばらく荒廃。現在の町は,1580年アクバル朝時代に建設されたもの。特に家具の生産地として有名。そのほか真鍮細工,製靴,綿製品工場などがある。行政,教育機関などがおかれ,パンジャブ大学傘下の国立専門学校も設置されている。人口 15万 5058 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android